casa panther 本
ねむログ ブログパーツねむログ記録する
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
「わかる」に「わからない」をつなごう。
心理療法個人授業 (新潮文庫)心理療法個人授業 (新潮文庫)
(2004/08)
河合 隼雄南 伸坊

商品詳細を見る


京都、残すところ、あと10日かー。
結局、この4年間、何だったのでしょうか。
4年間、学んで分かったこと、といえば、

ともかく、ひとつのことをやると、奥が深い。
やればやるだけ、よく分からなくなる。

なんて、当たり前のこと。


最近読んだ、「心理療法個人授業」という本で、河合隼雄さんが、「分かる」というのには二つある、といってらした。
既存の枠組みや方法に照らして「分かる」ということ。
そして、発見的に「分かる」ということ。

前者は、学校のテストや、本を読んで、「分かる」ということですよね。
これは、とても大事なこと。
でも、これに頼りすぎると、新しい考え方や発見は生まれないし、どこにも当てはまらない、カオス化した状況では、どうしようも無くなってしまう、ということは、まあ僕が書く必要も無いかな(←ト、イイナガラ、書いてる)
後者は、前者の先にあるもの。
とにかく、悩んだり、うじうじしたり、開き直ったり、
そういうことの中から出てくる、「あ、こういうことカモ」という発見。
味噌は、カモですね。
カモは、ねぎですね。
個人的には、オレンジソースが好きです。

話がずれました。
ぼくが思うのは、
発見的に「分かる」ということは、結局は「分からない」ということなんじゃないか。
この4年で、「こういうことだ!」と発見的に分かったことも、しばらくすると、分からなくなる、ということがたくさん、たくさんあったんです。
結局それは、カモ、なんだ。

「わかる」に「わからない」をつなぐ人は、「わかる」自信と「わからない」謙虚を共存させている。By河合隼雄

そう考えると、4年間は、無駄では無かったの、、、カモ。



最後に、蛇足として。
この本は、とても読みやすいのに、とても面白いのに、すごくいろいろと考えさせてくれる契機となる、良い本です。

「死にたい」と言うことでしか「生きたい」気持をつたえられない人がいる。(中略)
「生きたい」「助けてくれ」と「言えない」苦しさというのに、気がついた。「なんで言えないのか?」じゃなく、言えない人が「いる」というところに気がついた。By南伸坊

この文なんか、すばらしい。

そして、二者択一の投げかけに、そのどちらかを選ぶのではなく、なぜその問いかけが生まれたのか、それを考えること。
なんとなく、わかってたことを、こうもずばっと言われて、はっとした。
素晴らしい本は、かゆいところに手が届いてるな~。
スポンサーサイト
02/14 00:17 |  | CM:5 | TB:0
template design by takamu
Copyright © 2006 ぱんさーみに All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。