casa panther 紹介
ねむログ ブログパーツねむログ記録する
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
プラネテス T70
img009.jpg

三連休、一日はR社の友人の展示を見に行き、もう一日はけがをした祖母の見舞いに、そしてもう一日は仕事と友人宅でのアニメ鑑賞でした。
で、そこでみたおすすめアニメがすごく面白かった!
「プラネテス」っていうやつ。


あらすじは以下の通り

主人公ハチマキ(星野八郎太)はサラリーマン。 宇宙ステーションでデブリ(宇宙ゴミ)回収を仕事にしている職業宇宙飛行士だ。 自分の宇宙船を手に入れるため、 同僚のユーリやフィー、 新人のタナベとデブリを回収する日々。 今年で4年目を迎えた25歳、 そろそろ自分の生き方を考え始めてきた。
2075年。 地球、 宇宙ステーション、 月の間を、 旅客機が普通に行き交う世界で、 ハチマキはどう想い、 成長していくのか。
ハチマキは今日も仕事に出掛けていく。

引用:http://www.planet-es.net/


で、このアニメから漂うダークな匂い、どこかで観たような、、、と思ったら、監督は「反逆のルルーシュ」の人でしたw
あいかわらず、人のダークサイドの描き方がうまいです。
あと、この人の構図っていうか見せ方は、すごく巧いので、写真の勉強になります。

観た事無い人は、ぜひ観とくと良いよ!
SF好きな人も、必見です☆


でも、一日で観るのは、よした方が良いです。。。


あ、写真は、昨年、シャボン玉撮影会した時のものです。
Canonの昔のカメラで撮影してます。

Canon T70 + FD 50mm f1.4
フィルムは、portra 160NCです。

このカメラとレンズ、組み合わせでなんと、約3000円(くらい)!
Canonはマウントが、現行のものと違うので、良いレンズでも安いんです☆
カメラ自体は、ださかわいい感じで、微妙な電子感もあいまって、けっこうお気に入りです!
皆さんも、安いのでぜひ!
スポンサーサイト
01/14 00:01 | 紹介 | CM:5 | TB:0
agfaとか
img049.jpg

横浜Agfaフォトシリーズ、オレンジフィルターの写真ばかりだったので、
ちょっとノーマルも載せておきます。
Agfa optima 1035に、Agfaの400のフィルムの組み合わせは、変わりません。

Agfaの写真のイメージというと、「強烈な赤が出る」というのが頭にあったのですが、
この写真を見ても、やはり赤が印象的です。

ちなみに、青はあまり発色が良くない気がしたので、レタッチで暗くした上で、青にふっています。
この写真のレタッチはそこと、ごみ取りと、あとやや周辺光量を落としたくらいです。
時間は、2分くらいかな?

青は、PORTRA-160NCのがきれいです。
もっとvividなのが良いなら、VCが良さげ(ぼくはほとんど使用しませんが。。)
全体に、濃度をのせて彩度を上げたいなら、圧倒的にvelviaとかリバーサルの勝ちです。

フィルムの特性が分かりだしてくると、だんだんフィルムカメラは、面白くなりますよ!
やっぱり、あとでデジタル入力していじるとはいえ、色のバランスとかは、なかなか変えられないし、
なにより、最初のインスピレーションを、その写真が与えてくれるかどうか、、ってのは相当重要ですからね~。


ちなみに、変なフィルムとして、NATURA1600ってのがあります。
その名の通り、ナチュラル系なお散歩写真向きなフィルムなのですが、好きな人は相当好きなよう。。
ぼくは、あまりに発色がナチュラルすぎて、だめでしたw
でも、1600という高感度は、おもしろいけど。


そうそう、この写真はぶれてますね。
実は、最近pen sで撮った写真を見て、あまりにピンがきていて、バックがぼけていたので、
penで撮った写真だとは思ってなくて、LEICA?とか思っていたら、
ハーフサイズだったのでpenで撮ったものと判明して、驚きました!
どうやら、pen sの開放付近はけっこうシビアなようで、
今まで撮った写真は、ぶれていたか、ピンが甘かったか、というのが大半だったという事が、
明るみに出てしまいましたw

「このちょっとぼやけた感じが良いなー」とか思ってたのは、
どうやら、ただ下手なだけだったようでw
うーむ、はずかしい。。

でも、ちょっとぼけてたり、ぶれてる写真のが、いい写真が多いような気は、
今でもしてます!
いいわけじゃなくてねw
多分、動きがあるからなんだろうな~。

今日は、そんな感じで。
01/05 22:43 | 紹介 | CM:5 | TB:0
アバター
_DSC1512.jpg

アバター、見ました。
もちろん、3Dで!
年末に行った、品川の映画館は、3Dじゃなかったのでやめたのですが、
わざわざ日にちずらして、平和島まで行ったかいがありました。

とにかく、エンドロールの間中考えてたのは、これは、ターニングポイントだな~、ってこと。
面白いとか、面白くない、って言うのはおいといて(もちろん、面白かったんだけど!)
この映画のCGのクオリティの高さ、それを3Dで表現できる、ということ。
もはや、映像は「映像」っていう一つのジャンルに還元されて、
「映画」とか「アニメ」とかって言葉は、いらなくなるんじゃないかな。
そういう垣根を越えて、とてつもなく面白い作品を作っていける可能性を、
この映画から教えてもらえました。

もちろん、最近はたくさん3Dの映画とか、アニメとか、出てきてるとは思います。
でも、この映画のCGのクオリティの高さ!!
それから既存の映画やアニメやらのプロットや表現を組み合わせながらも、
とても新鮮で瑞々しい世界観の表現を作り出している点は、他の映画とは別物。
つまり、垣根を越える事で、既存の映像表現全てが、転換して使用する事が可能になったのではないか。
まさに、ターニングポイントにふさわしい気がします。

だいたい、世界が不況で、悲壮感が漂っている時期には、
すばらしい芸術作品が生まれたり、革新的なことが起こったりする、と大学生の頃聞きました。
ここからの10年は、もしかしたら、表現をする人々にとっては、非常にチャンスがあるのかもしれません。
なんか、ぼくは、そのスタートのファンファーレを、この映画のエンドロールで聞いた気がしました。

僕は、写真と縁のある人生を生きていますが、
写真もまた、絵との境目が分からなくなってきました。
でも、もはやそこの違いを気にするのは、ナンセンスなのかもしれません。。
使える手段を用いて、表現をする。
大切なのは、表現の中身であって、結果や手段なんて、そんなものは問題じゃない。


とにかく、エンターテイメント映画としての質も高いし、
気になったなら、一度、見に行ってみたらいかがでしょう、アバターを。
で、ぜひ、感想をお聞かせ願いたいですw


素晴らしい映画の最後に、冒頭の写真の話を書くのは、どうもしっくり来ませんがw
一応。。。

この間から小出しにしていたシリーズのラストです。
あ、うそ。
フィルムがあるわ。
でも、デジタルは、多分、ラストです。

機材は、NikonD200 & TAMRON17-50mm f2.8
照明は、蛍光灯ボックス。
なので、絞り開放で、1/125、ISO250くらいです(たしか。。。)

モデルの三輪沙弥香さんに持っていただいたのは、
愛機のolympus pen s。


では、明日からお仕事の方々、がんばりましょう~☆
01/03 22:41 | 紹介 | CM:6 | TB:0
ブルータス、だんだん薄くなってない?
img042-web.jpg

F1、トヨタの撤退には、心底がっかりです。
こんな軟弱な企業の車なんて、買う気がしません。
ぜんぜん、いい車出さないし。。。

カムイには、これに負けずにがんばってほしいです。



今週発売のブルータスが、面白いです!
BRUTUS (ブルータス) 2009年 11/15号 [雑誌]BRUTUS (ブルータス) 2009年 11/15号 [雑誌]
(2009/11/02)
不明

商品詳細を見る


様々な仕事のやり方があるもんですね~。
糸井事務所と安藤事務所は、正反対すぎて、笑えますw
個人的には、糸井さんみたいなとこのが、伸びそうな気がしますね。
安藤事務所から、ほとんど有名な建築家育ってないし。。。

あとは、「暮らしの手帳」の編集長の松浦さんが、なんか好感持てました。
スマートなんだけど、佐藤可士和さんとこみたく、神経質な感じじゃなくて、なんか大人な感じで、憧れますー。



土曜日に、Ryuさんとこのカメラ修理講座に参加する予定なので、みなさんよろしかったらどうぞ!
canon demiは、デザイン的にも非常にかわいくておしゃれなので、楽しめると思いますよ~。
http://www.ryuitsuki.com/



冒頭の写真は、大学最後の旅行の。
久々に見返してみたら、けっこう人をたくさん撮っていて、
それが新鮮だったので、載せてみました。
こうしてみると、大学時代、友達に恵まれてましたね~。
きっと、人数が少なかったのが良かったんだろうな。
あ、掲載のクレーム、受け付けますw

これ、フィルムをスキャンしたものだけど、何のカメラかは、忘れました。。
ライカかな??
フォトショップで加工、ありです。
11/06 00:33 | 紹介 | CM:0 | TB:0
えふえふ
ff13-gamecover-001.jpg

FF13です。
12/17日発売のようです。
ゲームをやらなくなって、もうずいぶんとたちますが、たまたま最近、スクエニ関連の仕事があって、少しサイトをのぞいてみましたところ。。。

そのCGのクオリティに、衝撃!
さらに、ストーリーがけっこう面白そうで、さらに衝撃!!

世界観は、大好きだったFF7のような感じで、機械系の都市とかが、かっこよし。

正直、久々にゲームをやりたくさせられました。

しかし、これ、プレステ3なんですね。
う~ん、そこがな~。
ブルーレイが見られる、ってことくらいしか、他にメリット無いので悩む。。。

ぜひオフィシャルサイト、のぞいてみてくださいな!

http://www.square-enix.co.jp/fabula/ff13/

TRAILERSのとこで、動画が見られます。
これは、必見!
でも、01は途中で再生がとまりやすいので、ご注意を。
10/29 21:52 | 紹介 | CM:4 | TB:0
template design by takamu
Copyright © 2006 ぱんさーみに All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。