casa panther B-LOCK
ねむログ ブログパーツねむログ記録する
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
B-LOCK
s-_0016880.jpg

いつもの橋からの夕景。ここからの景色は何枚も写真を撮りましたが、いいです!京都は、鴨川や高野川越しの景色がきれいですね。

s-R0015859.jpg


s-R0015860.jpg


安藤忠雄さん設計のB-LOCK(京都の北山にある)という、店舗建築の写真です。
金曜日の授業で、ここの2,3階に事務所を構えるSoft Deviceの方が教えに来てくださっている(これまでの授業は、CEOの高橋さんが行ってくださいました)関係で、昨日(もう一昨日かw)、事務所に学生が招かれました。
インターフェイスデザインを主に行っている会社で、規模が大きくてびっくりしました!
社員さんも20人以上いて、それぞれのグループに分かれてお仕事をなさっていて、作品を見たあとに、事務所の中を見ながら、仕事中の社員さんにお話を伺いました(かなり邪魔ですねw)
こういう規模のデザイン会社に来るのは初めてだったので、色々聞かせていただき、大変面白かったです!
高橋さんをはじめ、社員さんの半分くらいが京都工芸繊維大出身なのは、なんか親近感がわきます。
ちなみに、高橋さんの波乱万丈な感じの人生のお話は、かなりおもろかった。。。もちろん授業も面白かったけどw
B-LOCKの中が見れたのも役得♪
だけど、雨だと水が溜まったり(水勾配があまいため)、換気が悪かったりとかなり使いにくいし、商業施設としては閉鎖的で、テナントが集まらなく、結構安く借りられてるようですよ!
さすがは、安藤建築・・・。

ソフトデバイスの皆様、どうもありがとうございました!

HPを載せておきます;http://www.softdevice.co.jp/index.html


さてさて、風邪がまだ残っているのか、体調がいまいちぱっとしません。だるい・・・。
京都の紅葉も近く、かなり色づいています。
高台寺の夜間拝観に行きたい!!
それ以外にも、わりかし行きたい展示が今多いです。屏風展とか。
でも、この体調だと厳しいな~。

来週は、京都造形大学でRICOHさんが「photoGRaph100 in KYOTO」展をやります。
うちの父も作品を出品しているので、ぜひ見に行ってあげてください!
そのほかにも、有名人の撮ったスナップ写真がたくさん見れますよ。
で、金曜日は横木さんという方がこれに沿って、講演会を行うのでそれを見に行ってきます。
詳細はこちらのブログで;http://blog.ricoh.co.jp/GR/

12月の18から、パリとプラハに行くことになりました。
父上の撮影の手伝いと、建築を見るのと、パリに半期の留学に出ている友達や昔から家族ぐるみで付き合っているお家の方々に会うのが目的です。
いい写真を撮って、いい建築が見れたら最高です!
それまでに、ポートフォリオを作ったり、いろいろしなきゃ!

最近、デザインを見て、面白いな~、というのは多いが、かっこいい!!という衝撃になかなか出会いません。
もう少し、アートよりになって、やりたいことをやった!という突き抜け感が欲しいのです。
そろそろ、ユーザーに優しくなくてもいいから、衝撃的なものが出てきてもいいのかもしれません。
自分で作るときも、割合素直にやりたいようにやったほうがよい出来だし、最近はそういう風に直感的、グラフィカル的に作っていこうと思ってます。
こういう思いにいたったのは、写真の勉強をやり始めたせいかもしれません。
ちょっとデザインから離れてみると、デザイン界の人と一般人の視点の違いに気づけるのかも。。。
一般人としての僕は、利便性などデザイナーが作るものに求めてない、ということですかねw
まあ、完全にユーザーを無視できないのがデザインなので、その辺はバランス感覚が求められますが、そういう方向でチャレンジしてみたいです。

そうそう、写真のゼミに入って、写真の勉強をしているわけですが、デザインの勉強も続けていこうと思っています。
これからは、写真とデザインを両立していく方向で模索していきます。

今日の一冊;村上さんは、今、MOCAで回顧展をやっています!見に行きたいけど・・・・遠いな!!
一応、あげときます、村上さんを知らない人も、作品を見たら思い出すでしょう!

http://www.kaikaikiki.co.jp/c-murakami/index.html


芸術起業論芸術起業論
(2006/06)
村上 隆

商品詳細を見る
村上さんの作品、大好きです♪かわいくて、気持ち悪くて、すばらしいです。ポシティブとネガティブが両立しているような、不思議な感じです。さらに、その異常な情熱と、作品のクオリティの高さ!そんな彼の、素晴らしく戦略的な面が本からわかります。アートの本場、アメリカで勝負することの大変さ、意義などがうかがえます。彼のアートは、努力と計算の上に成り立っている、そんなところも魅力的ですね!


今日のアルバム
From the Screen to Your StereoFrom the Screen to Your Stereo
(2000/03/28)
A New Found Glory

商品詳細を見る
大好きなNew Found Gloryのアルバムから、ちょっと変わったものを紹介します!映画の主題歌を彼らがアレンジした曲のアルバムです。彼ら独特の、西海岸一直線な、カラッとしていて、POPでパンクなサウンドを前面に出したアレンジで、有名な曲をメッタ切りにしていますw。「タイタニック」「アルマゲドン」「ネバーエンディング・ストーリー」等の主題歌のアレンジは必聴です!最近、このアルバムの2も出ましたので、気に入ったらそちらもどうぞ~。New Found Gloryの普通のアルバムもぜひ!!


今日の映画
幸せのちから コレクターズ・エディション幸せのちから コレクターズ・エディション
(2007/07/25)
ウィル・スミス.ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス.タンディ・ニュートン

商品詳細を見る
泣けます。素晴らしいです。実際の人物である、クリス・ガードナーがホームレスまで落ちぶれながら、難関の入社試験を突破して、成功への足がかりをつかむまでを描いた物語。途中の、ビルの屋上でバスケをしたあとのセリフが本当にいいです。ところで、この映画の原題は「The Pursuit of Happyness」で、独立宣言のもじりの上、映画の中で出てくるエピソードに絡め、Happinessのiをyに変えてある、秀逸なコピーなので、原題のままにするべきだった、と思います。。また、子供役はウィル・スミスの実の息子で初の親子共演で話題になりました。
スポンサーサイト
11/11 01:24 | 未分類 | CM:4 | TB:0
去年LA行ったときにMOCA行ったなあ。
ヨーロッパに行くのうらやましい。お金なさ過ぎてどこも行けなさそうだわw
京都、と聞くたびに伏見稲荷で一日つぶしたいと思う俺。
やっぱり風景写真いいなー。
仕事が仕事なのに、建物とか人工物がメインだとあんまり来ないなぁ。憧れとかなのかねぇ…。

直感かぁ。 色々めんどくさいことを考えすぎる傾向があるので、ちょっと見習いたいぜ。
リコー展、よろしく!
写真いいね!
>salamann
MOCA行ったんだ!うらやましいな~!
LAには前から行きたくて仕方ないですw
NYにも同じくらい行きたいけど、同じ国なのに遠すぎるぜ!

>ninosuke
伏見稲荷はいいよね~。
あそこは山一つ分あるから、本気で上ると半日くらいかかるかも・・・w
風景写真は、ほとんど日課です。京都は、街中でも山や川が見えるから、落ち着いてて、風景写真にはぴったり!
建築写真は、建築の知識が増えだすと、面白くなる、という側面も多分にあります。
CASAとかを読んでみ!!

俺もいろいろめんどくせーことを考える傾向にあるからこそ、直感でやって行きたい、と決意しているわけですよ~。

>isis
リコー展、了解!
二枚目は、手持ちだからぶれてるw
一枚目は、結構ナイスタイミングでしょ!
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://panthermini.blog97.fc2.com/tb.php/14-6c81d6cf
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 ぱんさーみに All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。