casa panther レタッチのお話2
ねむログ ブログパーツねむログ記録する
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
レタッチのお話2
前回、最後に書いた、レタッチャーの必需品。
正解は、これです!



Wacom Intuos4 Medium PTK-640/K0Wacom Intuos4 Medium PTK-640/K0
(2009/04/03)
ワコム

商品詳細を見る



そう、ペンタブです!
これは、もはやレタッチャーの必需品ですね。
絵を描くような、ブラシの繊細なタッチを必要な場面なども多々あるので、
マウスでは、ちょっと難しいのですね~。

ペンタブも、安いのから高いのまで、様々です。
上に掲載した、ワコムのIntuosシリーズは、ペンタブとしてはもっとも有名で、筆圧感知などにも優れているので、基本的にはこれが良いのですが、
大きさによっては、かなり高いです。

本格的にやりたい方は、Intuos3か4のA4サイズ以上を買うのが良いと思いますが、
だいたい2~3万です。
それよりも、もっと気軽にやりたい方は、IntuosのA5サイズなどの小さいものか、
同じワコムから出ている、Bambooシリーズなどを使ってみると、良いのではないでしょうか?


Wacom Bamboo CTH-460/K0Wacom Bamboo CTH-460/K0
(2009/10/03)
ワコム

商品詳細を見る



ちなみに、僕は職場でも家でも、Intuos3のA4サイズを使っています。
4も良いとは思うのですが、買い替えるほどのアップデートとは言えなさそうなので、
買い替える予定はありません。
単純に、小さくなって場所をとらないのは、ありがたそうですがw


で、ペンタブですが、プロのレタッチャーでも、けっこう好みによって使い方が違います。
たとえば、描き心地にこだわってIntuos2を使う人もいますし、
いろいろな付属ボタンや、ペン先の種類も、人によって違います。

一つの事例として、僕(というか、職場の人は大体そうです)の使い方をあげておきます。


まず、様々なファンクションボタン、ホイール、ペンのうら(デフォルトは消しゴムツールのとこ)は、すべてオフ!
これは、自分仕様にしてしまうと、別のところでレタッチする際や、別のパソコンにいったときに、一から構築しなくてはならなくなるので、
はじめからオフにしておいて、ショートカットなどを多用する方法に切り替えておいた方が、汎用だからです。

そして、もう一つこのボタンを切っておく理由は、キーボードを使用する際などに、パッドに触ってしまい、勝手に拡大したり、効果を適用したりすると、イライラするから、というのもw

それから、ペン先はスプリング入りに変えています。
これにすることによって、繊細なタッチが可能になる事と、肩こりの軽減に良いようなので、そうしています。
こっちのが、ペン先の減りが遅い気もします。
ペン自体は、特殊なものでなく、ノーマルタイプを使用しています。


その他レタッチに必要なもの、他には例えばプリンターとか、用紙とかありますが、とりあえず機材については、こんなところにしておきましょうか。
プリンターとか用紙もまた、奥が深いんですけどねw


次回は、フォトショップを使って、簡単なレタッチの実演でもしてみようかと思います!
スポンサーサイト
11/04 22:16 | レタッチ | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://panthermini.blog97.fc2.com/tb.php/160-df3d29e1
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 ぱんさーみに All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。