casa panther 簡易レタッチ1回目(主にLIghtroom)
ねむログ ブログパーツねむログ記録する
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
簡易レタッチ1回目(主にLIghtroom)
img042-web.jpg

今回は、前回ブログに載せた写真を使用して、簡易レタッチのやり方を載せてみます。

まず、上の画像が、完成画像になります。
これが最適かどうかは分かりませんが、僕の好みの画像に仕上げてあります。
これが、結構、重要なのです。
ようするに、何が自分にとって良いと思う画像なのか。
これがしっかりと無いと、レタッチをするしない以前に、どうしたら良いのかが分からなくなってしまいます。

僕は、わりと撮るときとレタッチするときは別の意識なので、
撮ったときの思いは横に置いておいて、
画像を見て、ぱっと思った直感に従ってレタッチします。
なので、僕のレタッチの色の感じや傾向は、写真の持つ感じや特性によって、かなり変わります。
だからよく、一貫性が無いように思われるのですが、僕としては、写真のもつ空気感が優先という一貫性がある訳です。

もちろん、それが良いという訳でなく、
人によっては、自分の一貫した傾向に持って行く人もいます。
どちらにしろ、どういう方向へ行くかのイメージが、浮かぶ必要があります。
これが浮かばない人は、まずはフォトショップを閉じて、
写真集なり雑誌なりを見て、イメージを膨らます練習をする事をお勧めします。
何事も、まずは量。
たくさん見る事が練習です(ぼくも、たえず自分に言っている事でもあります)


んで、下がオリジナルの画像です。

img042.jpg
これは、アナログカメラをスキャンしたものなので、粒状感、つまり画像のざらっとした感じはフィルムのものです。
デジタルは、粒状感が撮りっぱなしだと足りない事が往々にしてあり、それによって画像がヌメッとしてしまい、どうも写真に奥行きや、写真らしさがなくなってしまいがちです。
なので、だいたい後から、ノイズをかけたりして、補います。
その辺は、また後日。

これは、フィルムをスキャンしているので、ある程度いい感じにざらっとしてます。
ただ、多分ネガフィルムだったためもあり、彩度、コントラストが足りない、ネムイ画像になってます。
ポジのように彩度を高くしたところで、目立つ色がほとんど無い画像なので、この画像には、カラーの彩度の高い感じは合いません。
したがって、どちらかというとモノクロに近い、単色の感じでいこう!と思いました。


で、この画像、実はほとんどフォトショップではいじってませんw
何でいじったのかというと、Raw現像のソフト、Adobe Lightroom2です。
これは、フォトショップの姉妹ソフトのようなもので、本来はデジタルのRaw画像をいじるためのソフトです。
Adobe Photoshop Lightroom 2.0 日本語版 Windows/Macintosh版Adobe Photoshop Lightroom 2.0 日本語版 Windows/Macintosh版
(2008/09/12)
Array

商品詳細を見る


なぜ、これを使ったかというと、フォトショップよりも操作が直感的で、ちょっとした調整や、全体をいじるだけなら、こちらのが楽だからです。
Raw画像なら、フォトショップのRaw現像でも、ほとんど変わりはありませんが(厳密には、出来上がる画像傾向の差はありますが)、
これはスキャンして出来たtiff画像なので、Lightroomを使用しました。

簡単な操作しかしないのであれば、フォトショップでなく、こちらを買った方が便利かもしれませんよ!
これは、画像管理もかねているので、バッジ処理などの、大量画像の処理にも強いですし、ホワイトバランスの調整は、フォトショップで行うのはとても大変なので、こういうソフトがあると、簡易レタッチは大変楽なのです。


で、この画像ですが、まず、楽をするために、Lightroomの「プリセット処理」のなかの、「セレン調」を使いました。
で、下のような画像が出来た訳です。
s1.png
これは、フィルムのプリントで、保護のための「調色」という方法があったのですが、その一つの「セレン調色」の感じを再現したものです。
モノクロでも、セピアとは逆で、ブルーっぽい感じに仕上がります。

空が多くて、コンクリートのバックだったので、単色系でブルーのセレン調を選んだ訳です。
Lightroomの無い方は、彩度を大きく下げて、全体をブルーにし、黒を締めて、コントラストを少しあげると、だいたい同じ感じになります。

下がプリセットの画面。
他にもいろいろあるので、適当に試しているのも、ありですね。
s2.png
注意点として、これは「現像」というステージではなく、「ライブラリー」というところで選ぶので、「現像」のところで探さないように!


で、それから、出来た画像を見ると、コントラストがあがったので、空が飛んでしまってます。
さらに、黒を締めた事で、逆光ぎみだった被写体が暗くなっています。
また、イメージ的にはもっと青くしたかったので、そこもまだ足りません。

そこで、「現像」ステージで、パラメーターをいじります。

1、トーンカーブの「ライト」を40落として、空の表情を少し出します。
2、補助光効果を44にあげて、黒くなったところをおこします。
3、モノクロモードをカラーに戻します
4、シャドウの色相、彩度を調整して、青くします。

あとは、細かい調整をして、Lightroomでの作業はおしまいです。
いじったところのパラメーターを一応参考までに出しておきます。
(FC2の不調で、載せられないので、後日!)


その後、フォトショップに書き出して、スキャン時についたゴミをスタンプツールと、修正ツールで、消して、完成です。
スタンプツールの使い方に関しては、次回!


いかがでしょうか?
けっこう作業的にはたいした事はしていません。
肝心なのは、最初のイメージですね。
ライトルーム以外にも、サードパーティー製の現像ソフトはたくさんあるので、どれでも基本的にはかまいませんよ!

また、質問などありましたら、どうぞ~!
スポンサーサイト
11/08 23:02 | レタッチ | CM:2 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://panthermini.blog97.fc2.com/tb.php/162-5b1de51a
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 ぱんさーみに All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。