casa panther agfaとか
ねむログ ブログパーツねむログ記録する
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
agfaとか
img049.jpg

横浜Agfaフォトシリーズ、オレンジフィルターの写真ばかりだったので、
ちょっとノーマルも載せておきます。
Agfa optima 1035に、Agfaの400のフィルムの組み合わせは、変わりません。

Agfaの写真のイメージというと、「強烈な赤が出る」というのが頭にあったのですが、
この写真を見ても、やはり赤が印象的です。

ちなみに、青はあまり発色が良くない気がしたので、レタッチで暗くした上で、青にふっています。
この写真のレタッチはそこと、ごみ取りと、あとやや周辺光量を落としたくらいです。
時間は、2分くらいかな?

青は、PORTRA-160NCのがきれいです。
もっとvividなのが良いなら、VCが良さげ(ぼくはほとんど使用しませんが。。)
全体に、濃度をのせて彩度を上げたいなら、圧倒的にvelviaとかリバーサルの勝ちです。

フィルムの特性が分かりだしてくると、だんだんフィルムカメラは、面白くなりますよ!
やっぱり、あとでデジタル入力していじるとはいえ、色のバランスとかは、なかなか変えられないし、
なにより、最初のインスピレーションを、その写真が与えてくれるかどうか、、ってのは相当重要ですからね~。


ちなみに、変なフィルムとして、NATURA1600ってのがあります。
その名の通り、ナチュラル系なお散歩写真向きなフィルムなのですが、好きな人は相当好きなよう。。
ぼくは、あまりに発色がナチュラルすぎて、だめでしたw
でも、1600という高感度は、おもしろいけど。


そうそう、この写真はぶれてますね。
実は、最近pen sで撮った写真を見て、あまりにピンがきていて、バックがぼけていたので、
penで撮った写真だとは思ってなくて、LEICA?とか思っていたら、
ハーフサイズだったのでpenで撮ったものと判明して、驚きました!
どうやら、pen sの開放付近はけっこうシビアなようで、
今まで撮った写真は、ぶれていたか、ピンが甘かったか、というのが大半だったという事が、
明るみに出てしまいましたw

「このちょっとぼやけた感じが良いなー」とか思ってたのは、
どうやら、ただ下手なだけだったようでw
うーむ、はずかしい。。

でも、ちょっとぼけてたり、ぶれてる写真のが、いい写真が多いような気は、
今でもしてます!
いいわけじゃなくてねw
多分、動きがあるからなんだろうな~。

今日は、そんな感じで。
スポンサーサイト
01/05 22:43 | 紹介 | CM:5 | TB:0
うむぅ…
フイルムのお話は恥ずかしながらさっぱりワカリマセン…
でも独特の色や描写には興味があるんです。
ランニングコストさえなんとかできれば
脚を突っ込みたい世界なんですけどね~
んー。。
おばさんにもさっぱりわかりません。
チンプンカンプンでした。。
難しすぎて脳みそが沸騰しそうです。

HOLGAの120がさ、近所に3,000円で売ってたの。
買うべきかなぁ。どう思う?
>vostok31さん

そこまで、お金かかんないですよ~。
月に、2~3本だったら、現像まで含めて、3500円くらいなもんですし。
ぜひ、足を突っ込みましょうよw

>やまもつさん

沸騰するほど!w
固有名詞が多いですからね~。
でも、いろいろ分かるとおもろいですよ~!

うちの親父が、後ろで「やめとけ」って言ってますw
かれは、ただであげちゃったようです。。
でも、試してみると、面白いかもです!
こんにちわっ
agfaはあんまり使ったことないかもです…
貧乏学生はcenturiaを使ってました。
オレンジとか茶色っぽい色の出方が好きだったんですが
さよならcenturia…
特性解るようになるには
いろいろ試してみないとだめですねっ
>ゆかさん
こんばんは!

centuriaは僕は、一回くらいしか使った事無いですけど、
けっこう茶色ぽい感じだった気がします、確かに。
でも、やっぱり量を撮るには、安いフィルムじゃないとねw

いろいろなネガを使うのも良いですが、
ぜひ、ポジもチャレンジしてくださいな!
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://panthermini.blog97.fc2.com/tb.php/174-538ebb8f
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 ぱんさーみに All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。