casa panther うしまけた、経済について
ねむログ ブログパーツねむログ記録する
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
うしまけた、経済について
最近よく行くようになった、学校目の前の洋食屋さん「うしまけた」。

先日、そこの箸袋に「あ~、うまかった、うしまけた」と書いてあって、
「やっぱり、ここからか~!!」となったのですが、
その話を友達(もつを氏)としてたら、なんと上の親父ギャグ(?)を知らなかった。。。

あれってあんまし、メジャーじゃないんですかね?^^;

語源とか気になって、ぐぐったら、上の洋食屋さんのレビューにありました。

http://r.tabelog.com/kyoto/A2605/A260503/26006384/dtlrvwlst/688384/

>牛と馬があるレースをしました。結果、牛が負けたのです・・・・・・。牛が負けたので、馬が勝ちました。→馬が勝った→ウマがかった→旨かったー。(バンザーイ、バンザーイ!!)
ということらしいです。牛が負けた店→旨かったー店ということらしいです。

だってさww
なんなんだかね~。。。

あ、この洋食屋さん、ものすごいうまい!ってわけではありませんが、アットホームなおいしさで、なかなか良いので、工繊の人で行ったことない人は、行ってみてくださいな☆


経済のことを少し。
あまり、詳しくないのですが、気になったので。。。

世界同時株安、な近頃ですが、発端となったアメリカの金融危機自体は、そんなに珍しいこと、予想もしなかったことではないですよね。
1900年代以降では、29年、87年、と大きい株式大暴落があったわけですが、この2つには大きな違いがあります。
29年のほうは、その後の大恐慌、ものすごいデフレにつながりました。
87年はのほうは、その後、経済成長へとつながって、株も回復しました。
その違いは明確で、つまりは29年の経験を経て、頭が良くなったってことですw
どういった対策をしたかと、端的にいうと、87年のほうは、銀行を救済したわけです。
実際、今回の株式大暴落直後も、ちゃんと銀行を救済してますよね、連邦準備銀行は(ひとつ、手違いというか、策略にはまったというかで、救済できませんでしたが。。。)

株式大暴落は、必ずしも経済の急激な落ち込みとは、つながらないのです。
だから、今回の株式大暴落も、どうなるかはさまざまな要因が絡むので分かりませんが、必ずしも悪い方向に行くとは限らないんじゃないかな、と僕は思っています。
なんだかこれについて、すごく悲観的な話(もっとも~っと、悪くなるぞ~的な)を最近良く聞くので、ちょっと思ったことを書いてみました。

まあ、未来のことは、経済学者にも、政治家にも、占い師にも分からないのですから、これからどうなるかは、今後のお楽しみ!ということですねw
しかし、直近のことくらいなら、判断できますの、それを見る限りでは、先進国の緩やかなインフレ分を消して、正常なあたりに戻した、という意味で、逆に良かった可能性まであるわけで、まだ、プラスにもマイナスにも転ぶあたりだろう、というのが僕の見解です。

変な心配よりも、一人一人が毎日ちゃんと過ごして、生産性をあげるよう努力するほうが、よっぽど経済のためになると思うんですが、いかがでしょうか?不安をあおってる皆様。
あ、彼らはそうやって個人の生産性をあげてるんだから、しょうがないかw
スポンサーサイト
10/28 06:59 | 最近 | CM:2 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://panthermini.blog97.fc2.com/tb.php/96-a9769223
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 ぱんさーみに All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。